Mamori Laboratory


Department of Mechanical and Intelligent Systems Engineering
The University of Electro-Communications

ABOUT

電気通信大学 大学院情報理工学研究科 機械知能システム学専攻 守研究室では、乱流摩擦抵抗低減や熱伝達促進など熱流体制御の分野を数値計算を主に用いて研究しています。2018年3月に誕生しました。学域(学部)はIII類(理工系)P1(機械システムプログラム)に所属してます。宮嵜研究室と協力して研究活動を進めています。


NEWS

2020-7-1: Out now!

S. Hara, H. Mamori, T. Miyazaki
Influence of Curvature on Drag Reduction by Opposition Control in Turbulent Flow Along a Thin Cylinder
Int. J. Heat Fluid Flow, Vol 85 (2020) No. 108622, 15 pp.

2020-3-25: 卒業式がありました(2019年度卒業生:修士1名、学部4名)
  • 原 将太,円筒に沿った乱流における対抗制御を用いた抵抗低減の直接数値計算,電気通信大学修士論文 (2019),77 pp.
  • 青木良太,低レイノルズ数平行平板間流れの縦渦構造に着目したフィードバック制御による熱伝達促進,電気通信大学卒業論文 (2019),79 pp.
  • 三藤春輝,円管内パフ流れにおける進行波状吹出し・吸込み制御を用いた乱流熱伝達促進,電気通信大学卒業論文 (2019),78 pp.
  • 岸美南海,平行平板間乱流における斜め方向進行波制御の抵抗低減効果,電気通信大学卒業論文 (2019),109 pp.
  • 近堂遼太,リブレットを設置した平行平板間乱流に対するLarge-Scale制御の直接数値計算,電気通信大学卒業論文 (2018),72 pp.


2019-12-19~20: 森田、坂本、田中、近堂, 守がAPCOM2019で発表しました。

K. Tanaka, H. Mamori
Direct numerical simulation of drag reduction effect with large-scale control in turbulent pipe flow
The Asian Pacific Congress on Computational Mechanics (APCOM2019), Taipei, Taiwan, 2019.12.17-20, No. 0704

D. Sakamoto, H. Mamori, T. Miyazaki
Direct numerical simulation of turbulent channel flow with sinusoidal superhydrophobic surface
The Asian Pacific Congress on Computational Mechanics (APCOM2019), Taipei, Taiwan, 2019.12.20, No. 0362

J. Morita, H. Mamori, T. Miyazaki
Separation control in backward-facing flow by traveling wave like body force
The Asian Pacific Congress on Computational Mechanics (APCOM2019), Taipei, Taiwan, 2019.12.20, No. 0231

R. Kondo, H. Mamori, T. Miyazaki
Drag reduction effect by combination of large-scale control and riblet in turbulent channel flow
The Asian Pacific Congress on Computational Mechanics (APCOM2019), Taipei, Taiwan, 2019.12.19, No. 0649

H. Mamori
Drag reduction, relaminarization phenomena, and heat transfer by a traveling wave control in wall turbulence
The Asian Pacific Congress on Computational Mechanics (APCOM2019), Taipei, Taiwan, 2019.12.19, No. 0115

セッション(MS704:Computational fluid dynamics simulation: flow prediction and flow control)の座長一同で記念撮影

過去のNEWS・論文はこちら


MEMBERS (2020)

M2 坂本 大歩

M2 田中 航洋

M2 田谷 大騎

M2 森田 淳一

M1 青木 良太

M1 岸 美南海

M1 三藤 春輝

B4 清水 智加良

B4 武田 慎吾

B4 山本 遼


過去のメンバーはこちら    


RESEARCH

研究成果

論文および国際学会等

研究発表

学位論文タイトル一覧

研究紹介

B3向け研究室案内:2019年度

UEC e-Bulletin (March 2019): Researcher Video Profiles, Research Highlights

研究室紹介OPAL-RING


AWARD

2019-11-15: 森田(M1)が乱流制御研究会で発表し、優秀賞を受賞しました(電通大掲載ページ).

Junichi Morita
Direct numerical simulation of flow over backward-facing step controlled by traveling wave-like body force
第17回乱流制御研究会,東京,2019年11月15日.
2019-1-22: 原(M1)が第15回乱流制御研究会で発表し、優秀発表賞を受賞しました。

Shota Hara
Direct Numerical Simulation of turbulent channel flow controlled by blowing and suction based on neural network
第15回乱流制御研究会,東京,2018年1月22日.
電通大掲載ページはこちら

2018-7-18

超撥水面に関する論文(Watanabe et al., 2017)がFluid Dyn. Res.のHighlights of 2017 に選ばれました。


ACCESS & CONTACT

守 裕也 (Mamori Hiroya): mamori(at)uec.ac.jp

〒182-8585 東京都調布市調布ヶ丘1-5-1, 電気通信大学, 東4号館 720号室

最寄駅:京王線調布駅  電気通信大学へのアクセス