Recent papers

2020-7-1
 S. Hara, H. Mamori, T. Miyazaki
 Influence of Curvature on Drag Reduction by Opposition Control in Turbulent Flow Along a Thin Cylinder
 Int. J. Heat Fluid Flow, Vol 85 (2020) No. 108622, 15 pp.
2019-10-1
 守裕也
 再層流化を可能とする乱流制御技術とその展開
 ケミカルエンジニヤリング, Vol. 64, No. 10, pp. 1-6.
2019-10-1
 守裕也
 進行波を利用した乱流の摩擦抵抗低減及び再層流化技術
 油空圧技術, Vol. 58, No. 10, pp. 50-54.
2019-9-24
 K. Ogino, H. Mamori, N. Fukushima, K. Fukudome, and M. Yamamoto
 Direct numerical simulation of Taylor–Couette turbulent flow controlled by a traveling wave-like blowing and suction
 Int. J. Heat Fluid Flow, Vol. 80, 2019, 108463, 10 pp.

過去のNEWS

2020-3-25: 卒業式がありました(2019年度卒業生:修士1名、学部4名)
  • 原 将太,円筒に沿った乱流における対抗制御を用いた抵抗低減の直接数値計算,電気通信大学修士論文 (2019),77 pp.
  • 青木良太,低レイノルズ数平行平板間流れの縦渦構造に着目したフィードバック制御による熱伝達促進,電気通信大学卒業論文 (2019),79 pp.
  • 三藤春輝,円管内パフ流れにおける進行波状吹出し・吸込み制御を用いた乱流熱伝達促進,電気通信大学卒業論文 (2019),78 pp.
  • 岸美南海,平行平板間乱流における斜め方向進行波制御の抵抗低減効果,電気通信大学卒業論文 (2019),109 pp.
  • 近堂遼太,リブレットを設置した平行平板間乱流に対するLarge-Scale制御の直接数値計算,電気通信大学卒業論文 (2018),72 pp.


2019-12-19~20: 森田、坂本、田中、近堂, 守がAPCOM2019で発表しました。

K. Tanaka, H. Mamori
Direct numerical simulation of drag reduction effect with large-scale control in turbulent pipe flow
The Asian Pacific Congress on Computational Mechanics (APCOM2019), Taipei, Taiwan, 2019.12.17-20, No. 0704

D. Sakamoto, H. Mamori, T. Miyazaki
Direct numerical simulation of turbulent channel flow with sinusoidal superhydrophobic surface
The Asian Pacific Congress on Computational Mechanics (APCOM2019), Taipei, Taiwan, 2019.12.20, No. 0362

J. Morita, H. Mamori, T. Miyazaki
Separation control in backward-facing flow by traveling wave like body force
The Asian Pacific Congress on Computational Mechanics (APCOM2019), Taipei, Taiwan, 2019.12.20, No. 0231

R. Kondo, H. Mamori, T. Miyazaki
Drag reduction effect by combination of large-scale control and riblet in turbulent channel flow
The Asian Pacific Congress on Computational Mechanics (APCOM2019), Taipei, Taiwan, 2019.12.19, No. 0649

H. Mamori
Drag reduction, relaminarization phenomena, and heat transfer by a traveling wave control in wall turbulence
The Asian Pacific Congress on Computational Mechanics (APCOM2019), Taipei, Taiwan, 2019.12.19, No. 0115

セッション(MS704:Computational fluid dynamics simulation: flow prediction and flow control)の座長一同で記念撮影
2019-12-16: 守がPRTEC2019で発表しました。

H. Mamori, K. Ogino, K. Fukudome, N. Fukushima, M. Yamamoto
Torque Reduction Effect, Relaminarization Phenomenon, and Heat Transfer by Traveling Wave-like Blowing and Suction in Turbulent Taylor-Couette Flow
The 2nd Pacific Rim Thermal Engineering Conference, Maui, Hawaii, US, Dec. 13-17, 2019, No. PRTEC-24084.
2019-11-25: 守が72th APS-DFDで発表しました。

H. Mamori, K. Ogino, K. Fukudome, K. Fukusima, and M. Yamamoto
Direct numerical simulation of flow over backward-facing step controlled by traveling wave-like body force
The 72nd Annual Meeting of the American Physical Society’s Division of Fluid Dynamics, Seattle, WA, US, 2019.11.23, No. M02.00036.
2019-11-15: 森田(M1)が乱流制御研究会で発表し、優秀賞を受賞しました(電通大掲載ページ).

Junichi Morita
Direct numerical simulation of flow over backward-facing step controlled by traveling wave-like body force
第17回乱流制御研究会,東京,2019年11月15日.
2019-11-5, 11, 12: 埼玉県松伏町の小学校3校で科学教室を行いました.

 11月5日 金杉小学校
 11月11日 松伏小学校
 11月12日 松伏第二小学校

2019-11-7~8: 原(M2)、近堂(B4),青木(B4)が日本機械学会 第97期 流体工学部門 講演会(豊橋)で発表しました。

青木良太, 守 裕也, 宮嵜 武, 原 将太
低レイノルズ数領域の平行平板間流れにおける吹出し・吸込み制御による乱流熱伝達促進
日本機械学会第97期流体工学部門講演会, 豊橋,2019年11月7日 - 11月8日, No. OS1-19, 3 pp.

近堂遼太,守 裕也
リブレットを設置した平行平板間乱流におけるLarge-Scale制御の抵抗低減効果
日本機械学会第97期流体工学部門講演会, 豊橋,2019年11月7日 - 11月8日, No. OS1-06, 4 pp.

原将太,守 裕也,宮嵜 武
円筒に沿った乱流における対抗制御を用いた抵抗低減の直接数値計算
日本機械学会第97期流体工学部門講演会, 豊橋,2019年11月7日 - 11月8日, No. OS1-08, 3 pp.

2019-10-27: 守が講習会で講師を務めました.

計算力学技術者2級(熱流体力学分野の解析技術者)
認定試験対策講習会(東京工業大学)
13:15~15:20 数値計算法・格子生成法

2019-9-13: 田中(M1)が日本流体力学会年会2019(東京)で発表しました。

田中 航洋,守 裕也,宮嵜 武
円管内乱流における体積力を用いたlarge-scale制御の直接数値計算
日本流体力学会年会2019, 東京, 2019.9.13, No. 206.
2019-9-5: 森田(M1)がASCHT2019(Tokyo)で発表しました。

J. Morita, H. Mamori, T. Miyazaki
Effect of the parameters of traveling wave created by body force in flow over backward-facing step
The 7th Asian Symposium on Computational Heat Transfer and Fluid Flow-2019, Tokyo, Japan, Sep. 5, 2019, NO. C226, 2 pp.
2019-8-28, 29: イノベーションジャパン2019(東京)に出展しました。(電通大紹介ページ:案内報告

守 裕也 准教授(情報理工学研究科 機械知能システム学専攻)
「省エネかつ高性能なモノづくりに貢献する流体制御」
【出展分野】低炭素・エネルギー(番号:E-2)
2019-7-30: 原(M2)がTSFP11(Southampton)で発表しました。

S. Hara, H. Mamori, T. Miyazaki
Influence of curvature on drag reduction by opposition control in turbulent flow along a thin cylinder
Proc. 11th International Symposium on Turbulence and Shear Flow Phenomena,Southampton, UK, Jul. 30-Aug. 2, 2019, NO. 169, 4 pp.
2019-5-27: 田中(M1)が乱流制御研究会で発表しました。

Koyo Tanaka
Direct numerical simulation of turbulent pipe flow with large-scale control for drag reduction
第16回乱流制御研究会,東京,2019年5月27日.
2019-5-14: 守が新技術説明会(紹介ページ:電通大JST)で発表しました。

守裕也
省エネかつ高性能なモノづくりに貢献する流体制御
新技術説明会、東京、2019年5月14日
2019-3-25: 卒業式が行われ、学部生4名が卒業しました。

2019-3-18: 森田(B4)、坂本(B4)、田中(B4)が日本機械学会関東学生会卒業研究発表講演会(津田沼)で発表しました。

森田 淳一,守 裕也,宮嵜 武
進行波状吹出し・吸込みを用いたバックステップ流における剥離制御の直接数値計算
日本機械学会関東学生会卒業研究発表講演会,津田沼,2019年3月18日,No. 1218,3 pp.

田中 航洋,守 裕也,宮嵜 武
抵抗低減を目的としたLarge-Scale制御下の円管内乱流の直接数値計算
日本機械学会関東学生会卒業研究発表講演会,津田沼,2019年3月18日,No. 1405,3 pp.

坂本 大歩,守 裕也,宮嵜 武
平行板間乱流における正弦波形状超撥水面よる摩擦抵抗低減効果
日本機械学会関東学生会卒業研究発表講演会,津田沼,2019年3月18日,No. 1413,2 pp.

2019-3-13: UEC e-Bulletinに研究紹介が掲載されました。

UEC e-Bulletin (March 2019): Researcher Video Profiles, Research Highlights

2019-1-22: 原(M1)が第15回乱流制御研究会で発表し、優秀発表賞を受賞しました。

Shota Hara
Direct Numerical Simulation of turbulent channel flow controlled by blowing and suction based on neural network
第15回乱流制御研究会,東京,2019年1月22日.
電通大掲載ページはこちら

2018-12-13: 守がPrometec Simulation Conference 2018で発表しました.

守裕也
MPS法を用いたマルチフィジックスCFDシミュレーション ー 着氷、デポジション、津波抑制ー
Prometec Simulation Conference 2018, 14th, Dec. 2018, Tokyo

2018-11-30: Out now!

H. Mamori, K. Yamaguchi, M. Sasamori, K. Iwamoto, A. Murata
Dual-plane stereoscopic PIV measurement of vortical structure in turbulent channel flow on sinusoidal riblet surface
European Journal of Mechanics/B Fluids, Vol. 74, (2019) pp. 99-110.

2018-11-12, 13, 15: 埼玉県松伏町の小学校3校で科学教室を行いました.
2018-11-2: 守がISTP29で発表しました.

Y. Fuma, H. Mamori, M. Yamamoto, N. Fukushima, K. Fukudome and Y. Okita
Numerical Simulations of Sand Erosion on Coated CMC Vanes and End Walls in Low Pressure Turbine,
Proc. 29th International Symposium on Transport Phenomena, Honolulu, US, Nov. 2, 2018, Paper No. ISTP29-111, 2 pages.

2018-10-15: 守が講習会で講師を務めました.

計算力学技術者2級(熱流体力学分野の解析技術者)
認定試験対策講習会(東京工業大学)
13:00~14:50 数値計算法・格子生成法

2018-10-10: Out now!

S. Kondo, H. Mamori, N. Fukushima, K. Fukudome, M. Yamamoto,
Numerical simulation of solidification phenomena of single molten droplet on flat plate using E-MPS method
Journal of Fluid Science and Technology, Vol. 13, (2018) JFST0013, 8 pages.

2018-7-26: Out now!

H. Mamori, M. Fujimura, S. Udagawa, K. Iwamoto, A. Murata, Y. Kawaguchi, H. Ando, H. Kawashima, H. Mieno,
Effect of wavelength of sinusoidal wavy wall surface on drag and heat transfer at turbulent thermal boundary layer flow
Journal of Thermal Science and Technology, Vol. 13, (2018) JTST0023, 11 pages.

2018-7-18

超撥水面に関する論文(Watanabe et al., 2017)がFluid Dyn. Res.のHighlights of 2017 に選ばれました。

2018-7-10: 守がTHMT18で発表しました。

H. Mamori, K, Ogino, N. Fukushima, K, Fukudome, and M. Yamamoto
Influence of control parameters of traveling-wave blowing and suction in turbulent Taylor-Couette flow
Proc. Turbulence, Heat and Mass Transfer 2018, 10 Jul. 2018, Rio de Janeiro, Brazil, Paper No. 167, 3 pages.

2018-7-10: ホームページができました
2018-3-1: 研究室ができました